■リロケーションの利点

・空き家期間が無駄にならない

リロケーション最大のメリットは、やはり家賃収入が発生することと言えるでしょう。転勤で空き家の状態にしておくと0の収入が、貸し出すと少なくともいくらかの収入にはなるわけですから、利用しない手はありません。

 

・空き家にしておくより劣化しない

長い期間家を空き家状態にしてしまうと、実はどんどん劣化が進んでしまいます。人が住まない家は水道管が通常よりも劣化する、換気されないのでカビが発生するなどの心配があり、いざ戻ったころには大規模な修理が必要になる可能性もあります。

自分が家を空ける期間、代わりに住んでくれる人がいれば自然な生活環境や掃除で劣化は防ぐことができますし、リロケーション会社のメンテナンスサービスを受けられる場合もあるので安心です。

 

・持ち家を手放さずに、戻ってくることができる

空き家にしておくほど余裕がないので泣く泣く自宅を手放す…ということもあるでしょうが、リロケーションサービスを利用すれば、転勤の終了と同時にまたマイホームへ戻ってくることができます。特に老後のことも見越して購入した自宅の場合は、ぜひリロケーションを利用して戻ってきたいものですよね。

 

・会社が各種トラブルから守ってくれる

通常の賃貸物件の場合、借主の家賃滞納やご近所トラブルが発生すると逐一対応するのは貸主である自分、ということになります。転勤で遠方にいる場合こういった対応は非常に手のかかることだと思いますが、リロケーション会社を利用すればこういったトラブル対応も全て一任することができます。

 

また、空き家にしていた場合は狙って侵入者が入る可能性もあります。リロケーションで人に貸し出すなり、また同じ空き家だとしてもリロケーション会社に管理をお願いしておけば、こういった面での防犯対策になります。

 

■リロケーションの欠点は?

・家が傷む可能性も

他人に家を貸し出すことになりますので、もし質の悪い入居者にあたってしまうと、家が通常よりも傷んだり、劣化したりする可能性もないとは言い切れません。家を大切にしながら生活するかどうかは正直人によって変わってくるので、ある種かけのような部分もあります。

ただ、このリスクは事前に想定されているので、リロケーション会社では入居者の募集時の条件を、通常の賃貸よりも厳しく入念にチェックすることが多くあります。

 

・通常物件よりも安めの家賃相場

リロケーションを利用するということは、転勤等の一定期間が過ぎれば戻ってくる意思があるということですよね。となると借主側からすれば一定期間の後にまた引っ越しをしなければならないので、こういった面が考慮され通常より家賃相場は低くなります。

 

・入居者決定までは家賃が発生しない

当然ですが入居者が決定しなければ、家賃収入も0のままとなります。100%入居者が決定するとは言い切れない為、こういったリスクも一応考えておかなければいけません。

ただし、リロケーション物件は周辺の通常物件よりも安い賃料設定になるため人気も高く、そこまで大きな心配は必要ないかもしれませんね。

 

■大小はあれど、メリットが大きいリロケーション

デメリットも挙げてみましたが、どれを取って考えても、転勤の間ずっと空き家にしておくよりは少なからずメリットが大きいはずです。想定より安めの家賃収入になったとしても、やはり0の状態で空き家にしておくよりは良いと言えますよね。

その中でメリットを増幅させるためにも、じっくり考慮してリロケーション会社選びを進めていくといいと思います。