■リロケーションではどんな管理方法?

不動産の持ち主‐借主間、そして管理会社‐借主間の両方で賃貸借契約を結ぶ方法を「転貸借方式」と呼びます。リロケーション物件の場合はこの方法をとることがほとんどです。

 

この方法では、実際に賃貸借関係の主体となるのは管理会社‐借主間ということになります。

 

■一般的な管理方法との違いは

一般的に、中長期的に不動産収入を得る目的で貸し出しをする方は、「代理委託方式」という方法をとっています。こちらの場合、不動産の持ち主‐借主間の契約となります。つまり、あくまで契約の主体に入るのが不動産の持ち主で、管理会社は単なる代行業者となります。

 

リロケーションサービスで採用している転貸借方式の場合、例えば借主が家賃を支払わなかったり、隣人とトラブルになったりということが起きると、その際どういった対応をするかという決定権は管理会社にあります。これが代理委託方式の場合は、決定権が不動産持ち主にあるため、管理会社の独断で行動をすることはできません。

 

■転貸借方式のメリット

転貸借方式だと管理会社が主体でトラブル対応等ができるので、家賃滞納が発生した際に保証を付けるなど、プラスのサービスを加えることが可能です。

 

不動産の持ち主にとっては、いちいちトラブル対応の決定を促されることがなく管理会社に一任できるので、非常に楽です。ただでさえ転勤で地方や海外など、遠く離れた場所にいるのに逐一連絡が来てしまうのも手間になってしまいますよね。自身の負担を減らしながらさらにプラスでサービスを付加してもらったほうが、メリットがあると言えます。

 

転貸借方式は、まさにリロケーションサービスを利用する人のために考えられたかのような、便利な方法ですね。