■リロケーション・インターナショナル

日本国内で初めてリロケーションサービスを開始したのが「リロケーション・インターナショナル」です。東証一部上場しているリログループの子会社で、これまでに8,000戸以上の管理経験があります。日本初のリロケーション会社ということもあり、またこういった実績から見ても、リロケーション業界ではトップクラスと言える会社です。

 

最大の特徴と言えるのが、この会社を利用して部屋を賃貸に出した場合、その入居者は基本的に大手取引企業の社員から選ばれるという点です。リロケーション・インターナショナルは実は別途福利厚生サポート事業を行っており、そちらでの取引先企業の社員に仲介しているのです。一時的な貸し出しだと、質の良い入居者に住んでもらえるか?自分たちが持ち家に戻った場合に家が傷まないか?などと通常よりも気になる方が多いと思いますので、少なくとも「大手企業の社員」ということが安心材料にはなるでしょう。

 

また、借主が決まるまでのスピードも人気のポイントとなっています。リロケーション・インターナショナルは、不動産会社3,000店舗以上とのつながりを持っているため、様々なルートを利用して素早く幅広く募集をかけることが可能となっており、最短なんと3日で借主が決定することもあるようです。

 

また付加サービスも充実しており、「リロメンテフリー」と呼ばれる修繕無償サービス(1回あたり上限5万円)や、貸主が戻った際に借主が退去してくれない場合、保証サービスを利用する事ができます。こういった部分もリロケーション・インターナショナルの人気の秘密ですね。