リロケーションサービスを行う会社は多数あり、同じ自分の持ち家でも、どの会社を通すかによって家賃や各種手数料などは変わってきます。やはり家賃収入を得るのであれば、極力高い方が有り難いですよね。ひと月1,000円の違いでも、貸し出す間のトータルで見ると何十万の差になりますので、査定は慎重にしたいものです。

 

引越しの一括見積もりサイトのように、実はリロケーションでも各社の家賃設定を一括で査定請求できるサイトがあります。こちらを利用すれば、自宅を賃貸に出した時の家賃はいくらに設定されるのか、一括で見積もりを取る事ができるので大変便利です。また、各社の独自のサービス内容や手数料も比較しやすくなるので、自分の求める条件に合った会社を探しやすくなりますね。

無料で利用できるので、リロケーションを考えている方はまず一度利用してみることをお勧めします。

 

デメリットをあげるとすれば、多数の会社からの返答が来ることになるので煩雑と感じるかもしれないという点ですね。そこはどの業界の無料見積もりでも同じなので、本当に気になるところだけ厳選して見積請求をするというのが手かもしれません。

また、まれに一括サイトに登録していない会社もあるので、そこも少し意識してみるといいでしょう。